「自然に集まるコミュニティーを」 現役関学生がカフェをオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学の学生が経営するカフェ「natura base」が7月、阪急門戸厄神駅近くにオープンした。

 経営しているのは、経済学部4年の生田浩資さんと、総合政策学部4年の岡本莉奈さん。生田さんは「このカフェが自然に集まるコミュニティーになってほしい」と話す。

 2人は、アルバイト先のアウトドア用品大手、スノーピークで知り合い、ライフスタイルに自然を取り入れるという会社の理念に興味を持った。2人で同じような理念を持つカフェを開きたいと考えていたところ、現在のオーナーから場所の提供を受けた。岡本さんは「楽しんでできたら良い」と語る。

 2人はとにかく「自然」を心掛けている。体や自然に優しいものを提供したいという思いからだそうだ。内装には天然の木材を使用し、商品のホットサンドは無農薬の野菜や無添加の素材、コーヒー豆はフェアトレードのものを仕入れている。

 阪急門戸厄神駅から徒歩5分。営業は水曜日と金曜日の午前11時から午後5時まで。テイクアウトもある。(秋田倖宜)

カフェを運営している生田浩資さん(左)と岡本莉奈さん(右)
天然の木材を使用したカフェの内装

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る