関学大が西宮市へワクチン提供 1050人分を市民接種に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学は24日、西宮市からの要請を受けて1050人分の新型コロナウイルスワクチンを市に提供すると発表した。ワクチンは米モデルナ社製で、来月4日から市民を対象に、西宮上ケ原キャンパスの中央講堂で接種を始める。予約は25日から市のホームページで受け付ける予定。

 関学大は23日から、西宮上ケ原キャンパスで学生や教職員を対象にしたワクチン接種を始めている。関西学院の広報室は「学生や教職員の分の確保が前提だ」としつつ「大学での接種が決まった時から、市と提供に関する話があった。市と互いに協力したい」と話した。

 同キャンパスは現在、感染症対策として大学関係者以外の立ち入りを禁止している。広報室は「市民と学生が混ざらない時間に実施する」と説明した。

 ワクチン提供に対して、西宮市の担当者は「貴重なワクチンを提供していただき感謝している」と話した。(西村遼)

西村遼

投稿者プロフィール

兵庫県川西市在住。取材や執筆の上達だけでなく、見出しに負けない情報量を持つ写真を撮ることを目指している。 散策が好きで、家から京都までが活動範囲。悩み事は、カメラを持ち歩く体力がないこと。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る