全日本選手権出場へ 剣道部女子1年生「目標は日本一」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「練習を再開することなく試合を迎えてしまう」。関西学院大学体育会剣道部・須浪優加選手(法学部1年)は、少し不安げにこう答えつつ、大会に臨んだ。

 剣道の全日本選手権の香川県予選を兼ねた県選手権が1月23日、高松市の香川県立武道館であり、女子の部で須浪選手が初の優勝を飾った。これにより、14日に長野市で開催される全日本選手権の出場が決まった。

 大会で最も印象に残った試合として、阿部ゆめな選手(香川大4年)との決勝を挙げた。「自分の苦手な剣風で強かった。相手が技を出すところを狙って攻撃した」とし「集中力が切れそうだったが、なんとか切らさずに試合に勝つことができた」とうれしそうに振り返った。

 しかし、試合前はとても不安だったと語る。新型コロナウイルスの影響で昨年の11月ごろから部活動がほとんど中止になり、練習が満足にできなかった。家での素振りやランニング、筋トレといった自主的な練習をしたが、実戦的な練習が足りず、試合の感覚が鈍ったという。

 満足した練習ができない中優勝できたのは、自身の負けず嫌いな性格があったからだという。「試合に出るからには練習環境を言い訳にして負けることはできない。試合に勝ち続けるたびにその思いが強くなった」と語った。

 全日本選手権の目標について「目標は日本一。練習量で劣っていても、自主練習でしてきたことを自信に変え、自分の力を全て出し切りたい」

決勝で阿部ゆめな選手と対戦する須浪優加選手(右)=1月23日、 高松市の香川県立武道館、本人提供

柴崎辰徳総部長付広報

投稿者プロフィール

兵庫県加東市出身、文学部総合心理科学科心理科学専修2回生。最近の関心はモラルライセンシング効果(moral self-licensing)。新聞総部では、アメフトやグリークラブなど主に部活動の活動様子を中心に取材。また、広報担当としてポスターの作成やSNSの運用等も携わっている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る