中央芝生の芝はロボットが刈る未来 「ロボット芝刈り機」導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学西宮上ケ原キャンパスの時計台をバックに、中央芝生の芝をせっせと刈っているのは、先月17日に導入されたロボット芝刈り機だ。深夜から早朝にかけて、学生が居ない寝静まったキャンパスで、2台のロボット芝刈り機が静かにライトを光らせている。

 稼働しているのは、スウェーデンの大手チェーンソーメーカー・ハスクバーナのロボット芝刈り機「オートモア」で、大きさは31センチ、重さは約14キロ。あらかじめ設定した場所を走行し、障害物にぶつかると向きを変える。電動式で、充電が必要になると自動で充電場所に戻る。全地球測位システム(GPS)が付いており、業者がスマホの専用アプリでいつでも稼働状態を確認できる。

 ロボット芝刈り機の導入を提案したのは、大学が業務を委託する宝塚緑化株式会社(兵庫県宝塚市)。従来は、週に数回、5人ほどで機械を使って刈っていたが、同社の工事部部長・関西学院作業所所長の岡崎真琴さん(44)は「音が大きいため、1時限開始前の早朝に作業するしかなく、人材の確保が難しかった。雨が降った時は、芝生に車輪の跡が付いて汚くなっていた」と話す。

 ロボット芝刈り機を導入することで、日時や天候を選ばずに作業できる。人件費が減るため、経費は従来の半分で済むという。軽いため車輪の跡が付かず、雨が降っても奇麗な芝生の状態を保てる。社内からは「早朝に弁当を用意する必要が無くなった、と妻が喜んでいる」との声があったという。

 先週は日中にも稼働している日があり、初めてロボット芝刈り機を見たという女子学生からは「びっくりした。小さいながら頑張っている姿が可愛い」という声が上がった。少し離れて見守りながら写真を撮る学生の姿もあった。

 現在はテスト中で、13日以降に本格導入する予定。生け垣など、ロボット芝刈り機が作業しづらい場所は従来のように手動で刈る。(坂田愛奈)

導入されたロボット芝刈り機=8日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス
導入されたロボット芝刈り機=8日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス
自動で充電場所に戻るロボット芝刈り機=8日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス

坂田愛奈編集部次長

投稿者プロフィール

文学部文学言語学科日本文学日本語学専修2回生。主にニュース記事を執筆しており、生き生きとした記事を書くことを意識している。今後の課題は執筆速度を上げること。また編集部として部員の記事をより良くするために試行錯誤中。好きな文学は「竹取物語」、「とりかえばやものがたり」。最近は芥川賞の評言を読むことに関心がある。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る