関学サッカー 関関サッカー定期戦4大会ぶり勝利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学生サッカーリーグは5月28日、第6節兼第67回関関サッカー定期戦が万博記念競技場(大阪府吹田市)であり、関西学院大学は関西大学に6-3で勝利した。これでリーグ戦4連勝、関関戦4大会ぶりの勝利となった。「前半に試合を決めることができたのが、今回の勝因だ」とキャプテンのDF山本祐也が試合後に話したように、関学大が前半に相手を大きく突き放し逃げ切った。

 前半14分、FW木村勇大が中央を突破し、DF濃野公人が右サイドからゴールを決めた。木村は16分と29分にもアシストを決め、44分にはDF村上景司のパスから自らゴールを決めた。木村の活躍もあり、前半を4-0で折り返した。

 「ハーフタイムが終わりピッチに上がると、温度差にチーム全体がやられてしまった」と山本が語ったように、後半の序盤は27度まで上がった気温が関学大の選手の足を止めた。後半14分、関学大は中盤の右サイドを突破されると、左サイドからゴールに流し込まれた。後半19分にもゴールを決められ2点差になった。しかし、20分にMF岡島温希がドリブルで抜け出し、そのままゴールネットを揺らした。26分には関大に追加点を決められたが、39分に木村がペナルティーキックをしっかりと決め、そのまま勝利した。

 試合後、山本は「関大と実力は拮抗(きっこう)していたが、いかにびびらずに相手に向かって行けたかが試合を決めた。勝つことができ自信につながった」と話した。

 また、2ゴール3アシストの木村について「今日は彼がいたから勝つことができた。関西一の能力を持つ彼を生かすことができたので良かった」と語った。

 これからの関関戦について木村は「協力という言葉だけでなく、互いに全国で結果を出し、関関戦という価値を高めて、盛り上げていきたい」と力を込めた。(松本亘平、金鼎)

前半16分、MF岡島温希の得点に共に喜ぶFW木村勇大、MF美藤倫=2022年5月28日、大阪府吹田市の万博記念競技場、金鼎撮影
後半39分PKの時、2回目のゴールを決めるFW木村勇大=2022年5月28日、大阪府吹田市の万博記念競技場、金鼎撮影
試合後、関学大の集合写真。前半の猛攻が試合を決めた=2022年5月28日、大阪府吹田市の万博記念競技場、金鼎撮影

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2024-6-21

    木本ゼミ 日本酒ブース出店

    ブースの様子=2024年5月19日、神戸市王子スタジアム、木下皓太郎撮影  関西学院…
  2. 2024-6-21

    学生が集まれるシンボルに 文学部学生控室リニューアルオープン

    文学部学生控室の様子=2024年6月10日、文学部学生控室、宮嵜結女撮影 関西学院大…
  3. 2024-6-21

    (この学生に注目!)藤原里音さん 「音」が導いてくれたありのままの自分でいられる場所

    藤原里音さん=本人提供  シンガーとして活動する藤原里音さん(社会学部2年)が歌と出…
ページ上部へ戻る