一般入試 志願者数2年連続増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学で1日から一般入試が始まった。新型コロナウイルス禍にもかかわらず総志願者数は2年連続増加し、一般入試と共通テスト利用入試を合わせると前年に比べて13.3パーセント上昇した。同大学入学センターの永野誠入試課長は「昨年度から広報を担うチームを作った。昨年以上の感染対策をしてイベントを実施できた結果が実った」と話した。

 志願者数は14学部合計で3万7213人。例年2月1日、2日で実施している全学部日程の制度変更により、1日、2日の両日とも14学部全学部で受験可能となった。その結果、1人当たりの併願数が増加した。特に法学部では、前年に比べて33.8パーセント上昇した。資格を取れる学部の全国的な人気が背景にあるという。他にも、永野課長は「法学部、商学部、教育学部ではカリキュラムを改変したことも増加した理由」だと考えているという。

 初日は8759人が受験し、2月7日までの受験者数の中で最も多い。西宮上ケ原キャンパスでは3187人が受験した。

 同キャンパスで社会学部、経済学部を受験した神戸市の御影高校に通う男子生徒は「家から近く、校舎がきれいなので関学に通いたい。4日と7日に受ける試験に向け全力を尽くしたい」と話した。文学部を受験した京都府宮津市の宮津高校に通う女子生徒は「試験は難しかった。2日と3日にも受けるので体調を壊さないようにしたい」と話した。(井上聡、西村遼)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-12-8

    西宮聖和キャンパスを支えるSCCV

     関西学院大学西宮聖和キャンパス教育学部の公認ボランティア団体であるSCCV(聖和・キャンパス・コ…
  2. 2023-12-8

    映画体験を他者と共有 「Library cinema」

     関西学院大学図書館は11月15日と16日の2日間、西宮上ケ原キャンパス大学図書館の図書館ホールに…
  3. 2023-12-8

    2025年 神戸三田キャンパスに新施設が誕生

     関西学院大学は、兵庫県三田市学園4丁目2番に所在するカルチャータウン地区センター南ブロック用地に…
ページ上部へ戻る